ついに上半期の競馬も総決算ですね。

ダート路線もスワーヴアラミスやロードレガリスなど新星誕生か?と思いましたが、
やはり既存上位組はかなり強いですね・・・😅

芝重賞勝ち馬のクリンチャーも期待はしています。
一見、ダートでは複勝率100%で良いように見えます。
しかし、内容としては、三宮Sでは斤量差あるヴェンジェンスに貫禄負け。
アンタレスSではウェスタールンドに完封。少し限界が見えてきた感じ。
芝でも上がりに限界がある馬だったし、年齢から見てもそこまでの伸び代は?
しかし、地方ではまだ走っていないので、そこがどう出るか。今後、注目の1頭です。



さて、今年の帝王賞。
使いたいところを使えないなど、順調好調不調復調など調子の波は各馬にあるようですが、やはり既存上位組を上にとりたいところ。




◎オメガパフーム

外枠という点がネックもこの舞台はこの馬にとってベストであるのは間違いない。
前走内容もすこぶる良かったし、充実度はNo.1。
過去の戦歴からしても相手は超一線級。
ローテや調整に不安な点は見られず、斤量が軽くなるのもいい。
クリソベリルと同斤量なのも1番人気に推される理由としては納得。


◯チュウワウィザード

前走は骨っぽい相手に楽勝とダート中長距離路線においては大将格なのは間違いない。
通算成績(9,3,2,1)と馬券を外したのが昨年のスムースさを欠いたチャンピオンズカップだけ。
延長短縮内枠外枠なんでもOKで安定度でいうとNo.1。
ジョッキーが乗り替わりになる点とドバイを使えなかった点はマイナスだが、
本格化してきたこの馬もまたここで頂点を取れる可能性は十分に高い。
地方では(4.1.0.0)と5戦全連対しているのも強調材料。


注ルヴァンスレーヴ、ワイドファラオ

ルヴァンスレーヴは前走の息切れしたような内容からも復調はまだ先と見る。
行きたがるような素振りを見せていたのも今回の延長といった条件替わりは評価できない。
この舞台でオメガパフュームを降している(JDD)実績などは評価できるし、怪物なのは間違いない。しかし、かなり人気してしまっているし、買うとしても3着付け。


ワイドファラオは前走は展開にも恵まれての勝利。
好位から抜け出すタイプの競馬が合うし、持続する脚を求められるここは適正外と判断。
ヘニーヒューズ産駒でフレッシュな方がいいし、やはりベストは左回り1600mだろう。


以下、△1.8.9.12.14とする。



◇参考買い目◇

馬連  ◎-◯
    ◎-1,8,9,12,14
三連複 ◎◯-1,2,8,9,12,14
三連単 ◎◯-◎◯-1,2,8,9,12,14
    ◎◯-1,8,9,12,14-◎◯



以上、楽しみましょう☺️